【子ども料理】じゃがいもの皮のむき方を教えます!手の小さな子も安心!※動画あり

子ども料理教室ふくふくでは、子どもだけで調理を行います。

当然、じゃがいもを使う献立の時には、皮をむかないといけませんよね。

この、じゃがいもの皮むき、
『めんどくさくないですか?』

もし、じゃがいもの皮むきをお子さんが手伝ってくれたら、
『めっちゃうれしくないですか?』

この記事では、子どもがじゃがいもの皮むきをする時に、安全にできる方法をお話しします。
動画もありますので、ぜひ見てみてくださいね♪

子どもは意外とじゃがいもの皮むきが好き!!

私は、料理教室の講師をやっていますが、
「じゃがいもの皮むきはめんどくさいのでキライです。」

今まで、できることならいも料理は避けてきたのですが、それは、
じゃがいもの皮むきはめんどくさいのでキライだから」です。

けれど、子どもたちには、
・じゃがいもという保存がきいて、
・いろんなメニューに応用できて、
・ご飯の代わりになる炭水化物であるじゃがいもの調理法を教えないわけにはいきません。

というわけで、調理に慣れてきた2年目コースの子どもたちに、恐る恐る教えてみたんです。

みんな、意外に皮むき好き!!
子どもって偉いな〜、めんどくさがらないんですね!!

というわけで、子どもが、安全に、一人で皮むきができるように教えてあげると、ママも楽チンになること間違いなし!
ぜひこの記事で、やり方を覚えてやらせてみてくださいね。

子ども料理には、じゃがいもの皮むきにピーラーを使う

まず、用意するものは、『子どもが使いやすいピーラー』です。

包丁で、じゃがいもを回しながら皮をむくのは、手が小さくて握力の弱い小さな子には難しいです。
私の感覚では、小学校4年生以上になってくると、安定して芋を持てるようになり、ゆっくりならできるようになってくるような気がします。

ですので、お子さんの成長を見守りつつ、できるようになるまではピーラーを使ってもらいましょう!

なお、ピーラーにもいろんな形のものがありますが、私のおすすめは、これです。

ピーラー カバー付き 子供用 台所育児 ( 皮むき器 皮剥き器 ピューラー 子ども用 キッズ用 こども用 幼児用 子供 ミニサイズ キッチンツール スライサー )
価格:1100円(税込、送料別) (2020/1/23時点)

子どもの手に持ちやすいサイズ、よく動く刃、適度な重さで、子ども料理にはぴったりです。

ピーラーは、よく切れるものを渡してくださいね。
切れにくいものだと、余計な力が必要となり、万が一手が滑った時に、逆に手が切れることがありますので、ぜひこの機会にお子さん用にご購入ください。

さて、それでは、じゃがいもの皮のむき方の説明をします。

子ども料理では、じゃがいもをまな板に置いて、じゃがいもの皮をむこう!

子どもが料理する時、一番大事なのは、「子どもにできるやり方で、安全に行う」ことです。

じゃがいもの皮むきでいうと、手に持ってピーラーでむいていくのは、危ないです。

子どもは、まだ手が小さく、握力も弱いため、しっかり握るというのがそもそも難しいです。

その上、小さなお子さんは、一度にたくさんの作業をするのが難しいです。
ピーラーの刃に注意しながら、なおかつピーラーをしっかりと握り、さらにピーラーを動かす、等のたくさんの作業をいっぺんにしなければならない状況は難しいのです。

ということで、小学生くらいまでのお子さんがじゃがいもの皮をむく時には、
『まな板にじゃがいもを置いた状態でピーラーを使う』ようにしましょう。

まな板に芋を置き、手でしっかりと押さえながら、手とは逆の方向に刃が動くように、少しずつじゃがいもの皮をむいていきます。
じゃがいもの右半分をむいたら、芋をくるっと回して、左半分をむく、というイメージです。

そして、上半分がうまくむけたら、今度はひっくり返してもう半分をむくと完璧です!!

実際に、幼稚園年長さんの息子がむいてくれましたので、その動画をご覧ください。
30秒くらいの動画です。

このように、まな板においてやらせてあげると安心です。

じゃがいもの芽は毒性があるので、芽を取るときもまな板に置いたままやらせると力が入りやすくなって上手にできますよ。

なお、年少さんくらいで、押さえてもいもが動いてできない場合は、大人がいもを押さえてあげてください。
ピーラーは子どもにやらせて、食材の方を押さえるのが、お子さんの「できた!」のキラキラ笑顔を引き出すポイントですので、怪我に気をつけて、やってみてくださいね。

【子ども料理教室】じゃがいもの皮むきをマスターして、いろんなレシピを作ってみてね!

いかがでしたか?

じゃがいもは、プランターでも簡単に作れる野菜です。
「畑から食卓まで」の食育にぴったりの食材ですので、ぜひ親子でいっしょに楽しんでください♪

読んでくださりありがとうございました!


『主婦でも小さい子を育てていても、やりがいのある仕事で手に職をつけることができる!』

子育ての時間を大切にしながら、自分らしく生きたい
そんなあなたのお役に立つ情報をお届けします!

 



【主婦子連れ起業スタート】無料メルマガ登録ページ

 

  *

 

  *

 

メールアドレス  *

 

最初のコメントをしよう