お盆の意味とお供物・料理をご紹介!!

亡くなった人が帰ってきてくれる日、お盆。

伝統的な行事です。

今回はお盆についてご紹介します。

お盆の由来

お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」。

「盂蘭盆」はインドのサンスクリット語の「ウラバンナ」(逆さ吊り)、ペルシャ語の「ウラヴァン」(霊魂)からきた言葉だといわれています。また、お盆は供物を盛る器を表しているという説もあります。

お盆の行事は、仏教の開祖であるお釈迦様の弟子が地獄に落ちた母親を救うため、7月15日に霊を供養した、というのがそもそもの起源です。

この盂蘭盆会の行事が日本の祖霊信仰と融合し、日本独自のお盆の風習がつくられていきました。

お盆の意味

お盆の時期には先祖が浄土から地上に戻ってくると考えられています。

ご先祖様を1年に1回家にお迎えしともにひと時を過ごして、ご冥福をお祈りし、供養します。

その方法は地域によって様々で、中には大戦で亡くなった親類の供養をする事もあるそうです。

終戦記念日である8月15日と時期も重なることから、親類に戦争で亡くなった方がいなくてもそういった歴史を意識しますね。

新盆で用意するもの

故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を新盆または初盆といい、普段以上に厚くもてなします。

四十九日以内にお盆がくれば、翌年が新盆になります。

新盆は、普段のお盆よりも盛大に供養をおこなうため、知人を呼んで法会を行う、寺に行って法要を執り行う場合もあります。

新盆の場合は絵柄の入っていない白提灯を玄関や部屋、仏壇の前に飾ります。
故人が迷わずに来れるように、という思いからです。

そのほか新盆に用意したいものはお線香、ロウソクなどがありますが、詳しく書かれている記事のURLをご紹介したいと思います。
https://butudan-ec.minrevi.jp/knowledge/obon-need/

鬼灯を飾るとあります。これは、故人の帰ってくる道が暗くないようにという灯りの意味です。ほおずきの花言葉に心の平安というのがあることから、とても優しい灯りですね。

迎え火と送り火

迎え火とは、お盆のときに戻ってくる故人やご先祖様の霊が、途中で迷子にならないように、目印として門口や玄関で火を焚くことです。
故人やご先祖様の霊は、その焚いた火の煙に乗って、家の中へ迎え入れられると伝えられます。

送り火とは、お盆で共に過ごした故人やご先祖様の霊が、無事に帰れるようお見送りをするために、迎え火と同じ場所で火を焚くことです。
キュウリやナスで作った精霊馬も、この時に一緒に燃やし、その煙に乗って、故人やご先祖様の霊は、天へ戻っていくと言われます。

つまり、お盆でお家へ戻ってくるご先祖様の霊を、お迎えするのが「迎え火」、そしてお見送りするのが「送り火」ということになります。

お盆とお彼岸の違い

お盆は新暦の8月15日を中心として行われる、ご先祖様の霊を迎え入れる行事です。
お彼岸は、彼岸(ご先祖様のいる世界)と此岸(私たちが生きている世界)が近づくとされる春分の日、秋分の日を中日とした7日間に行われる行事です。
 
ご先祖様と過ごし感謝する期間の行事という点では共通していますが、お盆は夏、お彼岸は春秋という時期の違いに加え、お盆は帰ってくるご先祖様の霊を迎え入れる、お彼岸は私たちの方からお墓参りなど、近くに行って過ごすという違いがあります。

お盆のお供え物

一般的なお盆のお供えには、「五供(ごく)」と呼ばれる物があります。「五供」とは、香、明かり、花、水、食べ物の5つを指しています。

お盆でお供えする団子と精霊馬についてご紹介します。

団子

お盆のお団子とひと言でいっても、タイミングによってどんなお団子をお供えすればよいのか変わります。

お盆の初日にご先祖様をお迎えするためにお供えするお団子のことを「迎え団子」といいます。 「お迎え団子」は、タレやあんこのお団子を6個以上、積み上げる形にする場合は20個で四段が最も一般的とされていますが、明確な規定はないようです。

ご先祖様がこの世の滞在している期間(14日)にお供えするお団子のことを「お供え団子」といいます。 個数に関しては「お迎え団子」同様、明確な規定はないみたいです。

最後にお盆明けの16日に、ご先祖さまのお見送りをするときにお供えするお団子を「送り団子」と言います。一般的には、なにも付けない白いお団子がお供えものに適してします。こちらも、個数には明確な規定はないようです。

精霊馬

これはしょうりょううまと読みます。

きゅうりは足の早い馬、ナスはゆっくりな牛に見立てています。

このため、早く迎えるためにきゅうりの馬で迎え、別れを惜しんでなすの牛で送ることが多いようです。

しかし、ゆっくりと迎え、早くお戻りいただくという意味で逆にする事もあるそうです。

精霊馬は普通、お供えした後に食べるのではなく、送り火と一緒に燃やしてしまいます。この時に出る煙に乗って、ご先祖様が空に戻られるとも考えられています。

お盆に食べる料理とレシピまとめ

精進料理

精進料理とは、仏教に深く関わっている料理です。生食料理の反対の語で、肉、魚、刺激の強い植物などを使わない料理になります。

豆腐を使ったもの、昆布だしの料理などが精進料理になります。

精進料理風のレシピをご紹介します。
https://cookpad.com/recipe/1942276

精進料理では魚を食べないため、うなぎもどきというものを食べるそうです。うなぎの蒲焼きとうなぎもどきの作り方をご紹介します。
https://cookpad.com/recipe/5014048

https://cookpad.com/recipe/1660754

おくずかけ

数種類の野菜や、豆腐、油揚げ、豆麩などをだし汁で煮込み、白石温麺を加えてとろみをつけた、具だくさんの汁物で、宮城県の郷土料理です。
https://cookpad.com/recipe/5782456

最後に

いかがでしたでしょうか。

まだまだ地域差や細かいルールなどもありますが、できる範囲で、心から迎えるという気持ちが大切なんだと思います。

この記事が、あなたのお役に立てれば嬉しいです。


『主婦でも小さい子を育てていても、やりがいのある仕事で手に職をつけることができる!』

子育ての時間を大切にしながら、自分らしく生きたい
そんなあなたのお役に立つ情報をお届けします!

 



【主婦子連れ起業スタート】無料メルマガ登録ページ

 

  *

 

  *

 

メールアドレス  *

 

最初のコメントをしよう