【子供も作れる料理レシピ】キッチンが汚れない☆ビニール袋de豆腐ハンバーグ

子供とお料理をするときのお悩み、「キッチンが汚れる」…。
子供は楽しく作ってくれて、おいしそうに食べてくれてとってもいいんだけど、料理の後の台と床の掃除が大変すぎる…。

そのお悩みを解消する「ビニール袋」を使った調理法シリーズ、今日は、晩ご飯のメインにもなります、豆腐ハンバーグをご紹介します!

豆腐を使うので、お肉の量が少なくて済み、経済的!水切りなしでさらにお手軽!
しかも、豆腐のおかげでふんわり焼ける、オススメレシピです♪

用意するもの(大人2人+子ども2人分)

  • 豚ひき肉 200g
  • 豆腐 150g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 麩 ひとつかみ
  • 塩 ひとつまみ(3本の指でつまむ)
  • ソース 大さじ2
  • ケチャップ 大さじ2
  • 酒(または水) 大さじ2
  • 油 小さじ1くらい(適当です!)

必要な調理道具

包丁、まないた、食品用ビニール袋、キッチンバサミ、フライパン、フライパンの蓋、フライ返し、大きめのスプーン、竹串、大さじ

作り方

  1. 玉ねぎはみじん切りにして、電子レンジで3分加熱する。
    ※フードプロセッサーがあればさらに簡単・時短!
  2. ビニール袋にひき肉、豆腐、砕いた麩、玉ねぎ、塩を入れて、袋の口をしっかり持って、モミモミする!
    ※玉ねぎがまだ熱いと火傷しやすいので少し冷ましてあげてください。
  3. 豆腐の粒が見えなくなるくらいよーくもんだら、ビニール袋の端をハサミでちょっぴり切る。
  4. フライパンに油を入れて全体に広げてから、フライパンの上にお肉を絞り出そう!

  5. 絞り出したハンバーグのタネをスプーンで上から押しながら広げよう。真ん中を少しへこませるといいね👍

  6. フライパンを火にかけて、初めは強火で焼きます。ジュージューパチパチ聞こえてきたら、フライ返しでハンバーグの下を見て、いい色に焼けていたらひっくり返すよ!
    ※上に持ち上げるよりも、周りの高くなっているところを利用して倒すようにした方が危なくないです。火傷に気をつけて!
  7. 蓋をして、火を弱火にして、7分くらい焼きます。
    その間にキッチンバサミとかスプーンをきれいに洗っておこう!お皿も用意しておくとバッチリ!
  8. ソース、ケチャップ、酒を混ぜ合わせて準備をしておきます。
  9. 蓋を開けて、竹串をお肉に刺してみてね。透き通った汁が出てきたら焼けてます!
  10. 混ぜておいた調味料をフライパンに加えて、フライ返しでハンバーグを優しく動かしながらソースを絡めていきます。ソースがグツグツして大きな泡が出てきたら、火を止めます。

  11. お皿に盛りつけてできあがり!

【プチ食育講座】合びき肉、豚ひき肉、鶏ひき肉って、なあに?

ハンバーグの材料に使われているお肉は、もともと何だったか知っていますか?

スーパーに行って、お肉売り場でひき肉っていうのを見てみてください。
大きく分けて、3種類あります。

鶏ひき肉。
豚ひき肉。
合びき肉。

それぞれ、
ニワトリのお肉を細かくしたもの、
豚のお肉を細かくしたもの、
豚のお肉と牛のお肉を細かくして、合わせたもの、
です。

お肉の種類によって、味が違うので、作りたいお料理によってお肉の種類を自分で選んで使います。

普通は、ハンバーグには合びき肉が使われますが、今日は豚ひき肉で紹介しました。
それは、なぜかというと、先生の味の好みの問題です!笑
もし、お肉の種類で味が違うってことに興味が湧いたら、いろんなお肉に変えて作ってみて、味比べをしてみてください♪

ちなみに、お店で食べるハンバーグは、お豆腐を入れないで作られていることが多いです。
自分でインターネットでレシピを調べたりして、好きな味のお料理が作れるようになると、もっと楽しいね!

ぜひ、お父さんやお母さんと一緒に調べてみてね!

保護者の皆様へ

今、自分が食べているものがもともと何であるか、知らないお子さんが増えています。

スーパーで切り身の魚しか知らない子は、切り身が海を泳いでいると思っていることもあるそうです。
また、食材がもともと生きていたことを感じることがないので、いただきますの意味を実感できない子が増えてきています。

しかし、食べ物は全てもともと命があり、私たちはその命をいただき、つないで生きています。
その事実を子供たちが知ると、自然と自分の命の大切さについて思いをはせることができる、と、子供料理教室ふくふくでは考えています。

ですので、今日の食育講座ではあえて、子供にとって身近な動物のお肉を使ってお料理をしていることを伝えました。
動物が好きなお子さんにはショックなことかもしれませんが、人間は他の命をいただくことで生きることができるんだよ、ありがたいね、と伝えてあげてほしいのです。

お家で伝える時には、道徳的な観点よりもまず、事実のみを伝えてほしいと思います。
「だから残さないで全部食べないと、豚さんが怒っちゃうよ!」などのしつけの道具には、どうか使わないであげてください。

子供たちは、大人が冷静に丁寧に伝えるだけで、必ずわかる素晴らしい心を持っています。
子供たちの成長と心を信じて、一緒に支えていけたらと思います。

ビニール袋を使ってもっとたくさん料理を作ってみよう!

ビニール袋を使うと、とっても簡単に、手や台を汚さずにお料理することができます!
他にもビニール袋を使ったレシピをご紹介していますので、ぜひいろいろ作ってみてください!

おいしいたのしいごはんタイムのお役に立てますように☆


『主婦でも小さい子を育てていても、やりがいのある仕事で手に職をつけることができる!』

子育ての時間を大切にしながら、自分らしく生きたい
そんなあなたのお役に立つ情報をお届けします!

 



【主婦子連れ起業スタート】無料メルマガ登録ページ

 

  *

 

  *

 

メールアドレス  *

 

最初のコメントをしよう