【こんなに簡単でよかったのか!】子供の朝ごはん・この2品でOKなんです!

みなさん、毎日朝ごはんを食べていますか?

忙しい時間ですので、のんびり食べている子供についイライラ…。
早く食べて、と何度も言ってしまうこともありますよね。

できることなら簡単に済ませたい朝ごはんですが、何を食べることが多いでしょうか。
「朝ごはんは大切なので、必ず食べましょう」と言いますが、そもそも朝ごはんを食べたほうが良いのはなぜなのでしょうか?

この記事では、子供が朝ごはんを食べた方が良い理由と、具体的に何を食べた方がいいのか、管理栄養士の筆者がご紹介します。
ぜひ、毎日の朝ごはん作りに役立ててくださいね♪

【子供の朝ごはん】朝ごはんを食べるのは、体温を上げるためだった!

人間の体温は1日の中で変動があります。
体温は朝低く、午後1時頃に最も高くなり、夜眠る頃徐々に下がり、寝ている時間は低いという推移をたどります。

早朝3時から6時頃が最も体温が低い時間帯で、起床時は、日中最も体温が高い時と比較すると0.7〜1.2度程度、体温が低い状態です。

体温が低いと代謝も悪く、血液が体を巡るエネルギーがわきません。
よって頭がぼーっとしたり、元気が出ないという状態が続きます。

それが、朝ごはんを食べることにより、体が活動をし始めて体温が一気に上がり始めます。
ぼーっとしていた子供が、ご飯を食べたら一気に活動的になる、っていうこと、ありますよね?

一方、朝ごはんを食べなかったときは体温が上がり始めるのは昼過ぎです。
活動や勉強に大切な午前中の間、ずっとエネルギーが沸かず、頭がぼーっとするという状態が続くことになります。

また体温が低い状態では免疫力も下がるため、風邪などで体調を崩しやすくなります。

よって朝ごはんを摂ることは、体温を上げて1日の活動を始めるため、こどもの成長と体の調子を調えるためにとても重要です。

子供の朝ごはんにおすすめの食事とは?

では朝ごはんには、どんなものを食べたら良いのでしょうか。

管理栄養士であるわたしが朝ごはんにおすすめするメニューとはズバリ、
『ごはんと具沢山のお味噌汁』です。
炭水化物と汁物の組み合わせが良いでしょう。

味噌汁には、なるべく数種類の野菜と、肉もしくは豆腐、たまごなどのタンパク質を最低1種類は入れるのがおすすめです。
野菜に含まれる栄養素ビタミン類には、

  • 免疫力の強化
  • 体の中の不要な成分、活性酸素を壊す抗酸化作用 など、

体の調子をととのえる効果があります。

また具材である「食材をよく噛む」ことで、脳を刺激し、消化機能も目覚めるため、元気に過ごすことができます。

【子供の朝ごはん】寒い時期は特におすすめ!朝ごはんに根菜の味噌汁を!

特に寒い時期は、かぶ、生姜、大根、ごぼうなどの根菜類を具材にするのがおすすめです。

根菜には体を温める作用があるものがあります。
朝、体温が低い状態から一気に体温が上がりすぐに代謝を高め、体中に栄養素がめぐります。
根菜からは、旨味もたくさん出て汁物がおいしくなります。

また、肉や魚、豆腐や納豆などの大豆製品などのタンパク質は、血液や筋肉、脳の細胞を作る栄養素です。
成長の著しいこどもたちは積極的にとりたい栄養素です。
食事1食につき最低1種類は献立に入れるように心がけましょう。

小さなこどもにはポタージュでも

未就園児の小さなこどもは、朝から具沢山のお味噌汁を食べたがらないこともあります。

そんなときは、味噌汁をブレンダーやミキサーにかけて、牛乳でのばしてポタージュ風に仕上げても良いでしょう。
味噌と牛乳の組み合わせは、味がまろやかになり食べやすくなります。

ポタージュにごはんやパンを組み合わせた朝ごはんも良いですね。

【子供の朝ごはん】汁物+炭水化物で簡単・パーフェクト朝ごはん!

この汁物に、組み合わせるのが、ごはん、パン、うどんなどの炭水化物です。

炭水化物に多く含まれる糖質は、脳や体を動かすエネルギーになる栄養素です。
脳は活動するために体全体の半分以上も糖質を消費を消費します。

糖質が不足すると脳が動きません。
炭水化物は毎食、食事に取り入れましょう。

どれくらいの炭水化物を食べたらいいのか、目安を以下にご紹介しますね。

2歳児
ごはん80g    (こども茶碗軽く1杯)
ゆでうどん120g ( 1/2玉)
ゆでパスタ80g(乾麺1/3束)
食パン50g(8枚切り1枚)
ロールパン40g(1個)

幼稚園児3〜5歳
ごはん120g (こども茶碗1杯)
ゆでうどん180g (2/3玉)
ゆでパスタ120g (乾麺1/2束強)
食パン70g (5枚切り1枚)
ロールパン60g(1個と半分)

小学3年生(8歳〜9歳)
ごはん160g(大人の茶碗軽く1杯)
ゆでうどん240g(1玉)
ゆでパスタ120g(乾麺2/3束)
食パン100g(8枚切り2枚)
ロールパン2個

2歳児の1.5倍が幼稚園児、2歳児の2倍が小学生です。

なお、数値は厚生労働省の食事摂取基準から算出し、食品成分表を参考に出したもので量は目安になります。
炭水化物は割とたくさん食べるべきで毎回、驚きます!

まとめ

朝ごはんの必要性はご理解いただけましたか。

ごはんとお味噌汁の組み合わせに飽きてしまったら、コンソメスープ、中華スープや、パンとシチューの組み合わせなど、「炭水化物と汁物」の組み合わせのバリエーションも楽しんでみてください。
「朝ごはんの準備は、2品で良い」と思うと、準備も簡単ですね♪

こどもの健やかな成長のため、元気な毎日のために朝ごはんはしっかり食べましょう。


『主婦でも小さい子を育てていても、やりがいのある仕事で手に職をつけることができる!』

子育ての時間を大切にしながら、自分らしく生きたい
そんなあなたのお役に立つ情報をお届けします!

 



【主婦子連れ起業スタート】無料メルマガ登録ページ

 

  *

 

  *

 

メールアドレス  *

 

最初のコメントをしよう