保育園の給食をお家で作ろう![ちくわの磯辺揚げ献立]

毎日のご飯作り、まず献立を立てるのが大変!
献立を立ててから買い物に行くか、買い物に行ってから献立を立てるか、すごく迷うところだと思うのですが、

実は、「はじめに1週間分の献立を立てておくのが正解!」なんです。
そして、材料をまとめて買ってしまうのが最も時短です。

食材キットを買うという手もありますが、家族が嫌いなメニューがきたり、人件費がかかる分、やはり少し割高になりますので、ぜひこのサイトを利用して、季節の素材で料理してみてください!

この記事カテゴリーでは、以前、保育園の給食室で働いていて、今は料理教室を運営している私の、家族のために作る晩ごはんの風景をご紹介します。
子ども3人の我が家の、普通の晩ごはんですので、非常に地味めしですが、もし参考になるなら嬉しいです。

献立の内容は、保育園の給食メニューを使ってますので、栄養士さん監修で栄養バランスバッチリ!
手軽に作れるものばかりなので、どんどん作ってみてくださいねー!

おうち料理を楽に時短でするためのヒント

料理の段取りを考える

私が運営する子ども料理教室では、年少さんから子供だけでお料理します。
年間を通して、段取り力を高めていくために、常に子どもたちに、「どの順番で料理したらいいかな?」と考えさせています。

料理は毎日のことですから、順番を考えてから進めるのが本当に大事です。
調理の途中で洗い物も済ませてしまうなど、とにかく楽に、負担を少なくするような方法を考えましょう。

基本は、「時間のかかるものは先に」「温かい方がおいしいものは後で」です。
ご飯を炊く、出汁をとるのは、はじめにやってしまいましょう。
煮物を煮るのも初めの方にやるといいですね。
揚げ物や焼き物は後半にもってきます。

この記事では動画で段取りもお伝えします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

多めに作って朝ごはんやお弁当に回す

我が家は食べ盛りの子が3人いますので、煮物など、長持ちするおかずは多めに作って朝ごはんやお弁当に入れるようにしています。
一日中、ごはん作りのことを考えるのは、辛くないですか?私は辛いです。

つくりおきおかずを用意したこともありますが、そのために時間を取るのも結構大変でした。
だから、平日のごはん作りは夕方だけでなるべく完了するように、作る時に多めに作りましょう。

1週間7日分で用意しない

これ、けっこう重要です。
どういうことかというと、7日分の材料をまとめ買いしない、ということです。

土日がお休みの場合、土日はその時に食べたいものを食べる日にしましょう。
外食するもよし、お惣菜を買うも良し。
買っておいた材料が余っていたら、それを使い切るのもいいと思います。

私は料理教室をやっていますが、時々ごはん作りをサボります。
それは、自分が楽だから、ということもありますし、家族が食べたいものを食べてもらう日も必要だ、と思うからです。

大丈夫です、毎日のご飯作りをがんばっていたら、ご家族の健康は必ず守れます。
時々はお楽しみの日を作って、休んでくださいね。

全部一人で作ろうとしない

まだ日本では、平日のご飯を作るのはママの仕事、という伝統が息づいていることが多いと思います。
その価値観、私たちでぶっ壊しませんか?笑

家族みんなでご飯を作りましょう!
ごはん作りがとても大事な思い出になりますし、健康のために食事は大事ですから、一人ひとりのスキルアップをしておくことは、人生100年時代の日本を生きるためにとても重要なことです。

そもそも、生きるために必要なんですから、自分で食べるものは自分で作るのは当たり前のことですよね。
外食や中食よりも、素材は間違いなく良いものを使うことができますし、手作りするだけで健康を守っていくことができますよ。

一人で作ろうとしなくて大丈夫。みんなでみんなのごはんを作っていきましょう!

旬の素材を使えば健康になる!

食育教室ふくふくが大事にしているのは、「地元の旬の食材を使う」ことです。
地産地消をして、自然の流れに合わせて食事をするだけで、心身ともに無理のない健康な状態を保つことができます。

ぜひ、地元の直売所や、産直コーナーを利用してみてください。
採りたての野菜の美味しさは、調味料いらずです。

日本は南北に長く、同じタイミングで季節感が異なります。
この記事は、私が住む茨城県南を基準にご紹介していますので、お住まいの地域と照らし合わせて、献立を利用してみてくださいね。

サブキャラがメインに昇格!ちくわの磯辺揚げ献立を作ってみよう!

ちくわっていつでも買えるし、安めだし、お魚だし、使いやすい食材ではありますが、どうしてもワンパターンな使い方になりがち・・・。

そんな時は揚げちゃいましょう!
もともと生で食べられる食材だから、周りの衣に火が通ればOKなんです!

フライパンに多めに油を引いて、揚げ焼きでもいいですが、ちくわはけっこう焦げやすいので焼く時は気をつけてくださいね。

では、ぜひ作ってみてくださいね!

 

□メニュー□

ごはん、ちくわの磯辺揚げ、蒸し鶏サラダ、大根の味噌汁

調理時間・40分(炊飯、出汁とり、蒸し鶏を冷ますための時間を除く)

 

□材料

竹輪の磯辺揚げ・・竹輪、青のり、小麦粉大さじ1くらい、水大さじ1くらい、塩ひとつまみ、揚げ油

蒸し鶏サラダ・・鶏むね肉、ネギの青い部分、生姜、しお、こしょう、酒、レタス、中華ドレッシング

大根の味噌汁・・大根、えのき茸、だし、みそ

 

□作り方□

味見をして、好きな味になるようにしましょう。

 

我が家で使っている調味料はこちらの記事で紹介しています。
よかったら試してみてくださいね。

子どもも一緒にご飯作ろう!

食育教室ふくふくでは、これからも、未来の子どもたちが健康で、生き生きと生きられる土台を作るために活動を続けていきます。

日々のごはん作り動画のほかに、お家で子どもたちに食育を通して心を育てるコンテンツを、メルマガで最も早くご紹介しています。
旬の食材情報や目利きについても気になる方は、以下から登録してくださいね!


『主婦でも小さい子を育てていても、やりがいのある仕事で手に職をつけることができる!』

子育ての時間を大切にしながら、自分らしく生きたい
そんなあなたのお役に立つ情報をお届けします!

 



【主婦子連れ起業スタート】無料メルマガ登録ページ

 

  *

 

  *

 

メールアドレス  *

 

最初のコメントをしよう